首イボについて

首イボの除去方法ってどうやるの?

投稿日:2017年7月20日 更新日:

首イボを切除したい時にはどうすればいいのでしょうか。
首イボの除去方法としては、皮膚科での処置方法と、家でスキンケアをやる必要があります。
皮膚科で処理してもらえば即効性はありますが、家でスキンケアをしていた方がコストはかかりません。
二つともメリットやデメリットがあるので、よく考慮した上でご利用してみてください。
今回は、首イボの除去方法について、具体的にご紹介していきましょう。

○良性でもとっておいた方がいい

首のイボは良性なので、すぐに手術してとらなければいけないものではありません。
首にイボができてしまったとしても放置してもいいのですが、首にアクセサリーをつけた時に、イボにひっかかってしまう事や、イボが目立っている場合、他人の目が気になってしまう事もあるでしょう。
小さなイボであれば家でハサミを使って処理する事もできますが、皮膚科へ行って除去しておくと安心でしょう。
ご自分でイボを取り除いたとしても、化膿してしまっては大変なので、医師に任せておいた方がいいでしょう。

○皮膚科で除去する方法とは

皮膚科でできる除去方法があります。
皮膚科ではハサミを利用して取り除いていきますが、炭酸ガスレーザーや液体窒素などの治療法が一般的です。
安心で安全なのは、皮膚科で処理する事でしょう。

○炭酸ガスレーザーによって取り除く

最初に麻酔クリームか麻酔テープを利用して、表面麻酔を行い、その後患部にラップをしてから除去していきます。
小さなイボであっても、拡大鏡を確認しながらガスレーザーでとっていくので、狭い範囲にしか炎症せず、傷も比較的浅くて済むでしょう。
最後に抗生剤の入った軟骨を傷に塗ったら完了します。
イボの個数や大きさ、種類によって3カ月ほどの期間が必要です。

○液体窒素による除去方法とは
液体窒素では「冷凍凝固」と呼ばれるものを使っていき、綿棒に液体窒素を染み込ませ、
イボに押しあてながら除去していきます。
マイナス196度の液体窒素を利用してイボを焼き切っていくので、痛みを伴う事もあるでしょう。

3カ月~一年ほどの時間がかかってしまいますが、こちらの除去方法には保険が適用されます。

○首のイボのお悩みの方のために
首のイボに悩んでしまった時は、病院やクリニックで除去してもらう人も多いでしょう。
しかしクリニックや病院で首のイボをとってもらうためには、痛い思いをして時間やお金を費やしていく必要があります。
そんな時でも、首イボ専用のクリームを使えば体やお財布にも優しく、家でも簡単に首のイボを綺麗に落とせるでしょう。

○ハサミによって除去する方法とは

医療用のハサミを使ってイボを根元から取り除く事ができます。
一瞬痛みが走りますが、除去後は化膿止め作用のある絆創膏をはるといいでしょう。
麻酔なしで出血も少なく、保険も適用されるので、素早く衛生的に除去できるのがメリットです。
皮膚科で首のイボを除去する時も、こちらの方法を選ぶ事が多いでしょう。

-首イボについて
-

執筆者:

関連記事

no image

東京の皮膚科でも首イボ治療ができます

今もしも首イボで悩んでいる人がいたら、東京の皮膚科へ足を運んでみるといいでしょう。 東京の皮膚科でも首イボの治療を受け付けているところはたくさんあります。 ○首イボの特徴について 年をとるにつれ、首や …

no image

首イボを液体窒素で処理する時の方法とは

小さな粒状の首のイボは、年と共に数が増えていく傾向にあります。 首にできてしまったポツポツを治療していき、病院で行う液体窒素を使う方法もありますが、液体窒素とはどのような方法なのかご紹介していきましょ …

no image

首イボをハサミで処置するには病院でやってもらうのがいい?

首イボをハサミで処置したいという方も多いでしょう。 しかし病院を受診する時何科を受診すればいいのか、痛みに関してはどうかなど、わからない事もあるはずです。 そこで今回は、首イボをハサミで処置する時の方 …

no image

首イボを予防したい!そんな時どうすれば…

首イボを病院でとってみても、再発する可能性は十分にあり得ます。 しかし再発のリスクを抑える事は十分可能です。 それでは、再発を防ぐためにはどのように予防していけばいいのか、ご紹介していきます。 ○皮膚 …

no image

首イボのサプリメントを飲んでケアする

首イボを薄くしていくためにも、サプリメントを飲む方法があります。 皮膚科で治療を受けたくても費用が気になる、セルフケアで済むならそれに越した事がないと考える方は、ぜひ首イボに適したサプリメントを飲んで …